クシャの能天記

思ったことや、やりたいことを気ままに綴っています


--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/05/19 (Sun) ★のさんのAMX-004 キュベレイ 組立

本当は一ヶ月ぐらいで終わらそうと思っていたんですが・・・

書くのに時間がかかる人間なので、こんなに延びちゃいました。(。-人-。) ゴメーン

前置きは手短にして、本題であるキュベレイ最終回の組立編です。

バラバラな部品を組み上げていく楽しい瞬間ですね。

先ずは、胴体を腰に差し込みますが、フロントアーマーを先に腰部に差し込んで(引っ掛ける)からにしましょう。

QUBELEYIMG_5747.jpg

ちなみに胸パーツはキットの物ではなく、試作品のレリーフ付きの物ですがご容赦を。

次に脚ですが、ここが一番の難関だと思うので深呼吸してから進めましょうねww

一番芯になる角パイプですが、上からだと干渉してどうしても入りませんので、下から差し込んで作業しましょう。

膝パーツとかはよく合いを見て位置決めしましょう。

QUBELEYIMG_5748.jpg

QUBELEYIMG_5749.jpg

QUBELEYIMG_5750.jpg

QUBELEYIMG_5752.jpg

脚を組み上げたら腰部品に差し込みますが、ここが結構キツイのと差し込み口がよく見えないので、苦労すると思います。

細〜いピンセットで調整しながら少しずつ差しこむようにしました。

QUBELEYIMG_5754.jpg

ここで、どのくらい大きいのかが分かるようになってきます。

既に四六判の背景紙でも収まらなくなってきました。

次は腕になりますが、ここは差し込むだけなので、簡単!

でも、下腕が重いので上腕部芯の部分に2〜3枚紙をかましておいたほうが脱落防止になりますね〜(たーくんさんの受け売り(^_^;))

QUBELEYIMG_5755.jpg

腕を胴体に付けましょう。

QUBELEYIMG_5756.jpg

前後のバランスを合わすため??背中にファンネルコンテナを差し込みます。

一気にウホーーーーーーッって気分になってきました。

QUBELEYIMG_5757.jpg

次に頭部を差し込みます。

QUBELEYIMG_5758.jpg

頭部の刺し込み加減ですが、★のさんのギャラリーを見て研究しましたらこのぐらいのようです。

QUBELEYIMG_5759.jpg

私のイメージではちょっと首が長いかなと思うので、もう少し差し込んで縮めてみました。

また、頭部への動力パイプは後方へと伸びているようですが、逆に胸部から伸びているように前方に曲げて、首周りの密度を上げるようにしてみました。

QUBELEYIMG_5760.jpg

最後に残っているバインダーを肩に差し込んで完成です。

QUBELEYIMG_5761.jpg

とっても大きくて豪華。☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆

撮影環境も選ばないとですねww

買っただけで、箪笥の肥やしにするのは勿体無いですよ〜みんな組みましょうね。

更に今年のイベントでは、キュベレイの白・青・赤と揃って販売されるようですから、狙っている人は千載一遇の好機と見て買っとかないと知りませんよ〜(煽っておきましょうw)

QUBELEYIMG_5765.jpg

スポンサーサイト

キュベレイ | trackback(0) | comment(4) |


2013/05/08 (Wed) ★のさんのAMX-004 キュベレイ ハンドパーツ

長かったようで短く感じたGWも終わって、今日から仕事再開です。

職場の方は店内移動する人がいるのですが、結論がよく分からずどうしていいか分からない状態継続中。

ほんと、人巻き込んでるんだから迷惑かけてること理解して欲しいです。

全く困ったチャンですカーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ

とは言うものの締切迫っているものが有るので、休み明けから全開です。

早く帰りたいんだけどな〜

さて、キュベレイの方ですが、ようやく最終パートであるハンドパーツになりました。

組立自体は難しいことはありません。

指先が尖っているので、キッチリと折筋付ける必要があるぐらいです。

各々パーツ毎に組み立てて、どの指か分かるように順番に並べておきます。

QUBELEYIMG_5735.jpg

指は背と腹のパーツを先から順番に貼り付けていくと、写真のように一つづつ曲げ角度が違うようになります。

また、指先の方の糊代は中に入れたほうが仕上がりが綺麗になりますよ。

QUBELEYIMG_5737.jpg

手本体パーツに指を付けていきますが、貼り付けガイドに合わせてから、手首方向からピンセットを突っ込んで押さえるといい感じかと。

QUBELEYIMG_5739.jpg

最後に手の甲パーツを貼って、手首フレームに差し込んで貼り付けると完成です。

QUBELEYIMG_5740.jpg

QUBELEYIMG_5741.jpg

今までに無い、表現力の有る美しい手ですね。

誰かさんが毎日拝んでいる姿が目に浮かぶようです。(= '艸')ムププ

これでようやく全てのパーツが揃うことが出来ました。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

キュベレイ | trackback(0) | comment(2) |


2013/05/02 (Thu) ★のさんのAMX-004 キュベレイ バインダーその3

4月も過ぎた今日5月2日は会社自体が休業日なので、GWの休みも後半戦に入ることになりました。

とはいえ、昨日から嫁が熱出して倒れていたので、ランニングも中止して家に引きこもっていました。

そのおかげもあって、20話ぐらい溜まっていたアニメの完全消化を果たしました。

これで、ようやく借金ゼロです。

しかし、熱出しながら両手足がつるなんて痛そうで見ていられませんね〜。

自分は御免被りたいです。

明日明後日は来客があるのでフリータイム無し、今のうちに更新を。ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

さて、キュベレイの方ですが、バインダーの最後行きましょう!!

先日迄でほぼ仕上がっているので、あと少し。

先ずは裏側の先端マーカー部分ですが、組説見てると上から緑のパーツを貼るような感じですが、中からライトが光っている感じがいいかなと思い、その部分を切り抜いて裏から緑のパーツを貼り付けておきました。

QUBELEYIMG_5730.jpg

先端マーカー部分から肩側に伸びていくパーツですが、ココは幅広な糊代のままでは曲面への追随性がどうかと思ったので、細かい三角形の糊代に変更しちゃいました。

効果の程はよく分かりませんけどね(*ノω・*)テヘ

QUBELEYIMG_5731.jpg

次にこの4つのパーツをバインダー裏に貼って上げればOK。

この場面での写真撮り忘れましたが、最後のまとめ写真で確認して下さい。

後残りはケーブルというかチューブというかを現す茶色い紐になります。

指定された長さの長い方から採寸して切断しておいたほうが、短い紐の余裕にもなるので、この方がいいかと思います。

ハサミやカッターで切ると思いますが、切断面から解けてくるので、そのままでは指定の丸パーツに入れにくい事がありました。

定番ですが、切断面はボンドを薄く付けて固めておいたら取り扱いが簡単になりますよ。

QUBELEYIMG_5733.jpg

この紐は差し込むだけで、結構曲げのテンションがかかるので、わざわざ貼り付けなくていいと思います。

自分も挿してるだけですが、取れそうにありません。

これでバインダーの完成になります。

こちらは、前に来る側のインレタが有るパーツ。

QUBELEYIMG_5732.jpg

最終的に4枚仕上げると、バインダーの完全完成になります。( ´∀`)bグッ!

QUBELEYIMG_5734.jpg


キュベレイ | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/27 (Sat) ★のさんのAMX-004 キュベレイ バインダーその2

もう世間はGWになっているんですね。

交通渋滞も始まっているようですが、どこにも行けない私には関係ないのでした。

カレンダーと違うのは5月2日が休みぐらいです。

なにわともあれ、机の周りに雑誌とかプラモとかロボ魂が山のように積み上がっていて、怒られているので工作よりも片づけが最優先なんでしょう。

それよりも何か新しいのを作りたいと思っているのですが、今ひとつコレと決めきれずに日々悩んだままなんですよ。

何を作ればいいのだろうか( ゚ ρ ゚ )ボー

ともかくキュベレイのバインダーの続きに行きます。

今日は外装周りです。

先ず小さい部品であるバインダーから覗く丸い(謎)部品です。

自分は重ね合わす3つの部品を順番に底を張り合わせた後に、上部を巻きつけるように組み合わせて作成したのですが、たーくんさんは各々作った後に横から差し込んで作成されているようです。

後から見るとたーくんさんの方法のほうが簡単だと思いました。

QUBELEYIMG_5711.jpg

次にバインダーの内装を作り、片側にはスリットから覗く赤い部品を付けておきます。

QUBELEYIMG_5719.jpg

次に外装を切り抜いて曲げグセを付けておきます。

あ〜っと、このバインダー外装だけは切り取り線が気になると思ったので、線の内側を切って黒い線が出ないようにしておきました。

QUBELEYIMG_5720.jpg

これは先行して先に全部組んじゃった写真ですが、一見綺麗そうに見えますが絶対先に貼り付けちゃダメですよ。

QUBELEYIMG_5712.jpg

何パターンか組み方を試しましたが、たーくんさんのクリップ工法が一番です。

位置のズレも外装の歪みも最小になるので、そちらをお薦めします。

QUBELEYIMG_5722.jpg

QUBELEYIMG_5729.jpg

あっ、それと先に組む方はインレタの無い裏側にしましょうね。

それで練習しておかないと、綺麗なバインダーが前に来ませんから( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

外装がキチンと貼り付いたのを確認してから、先日作成した内部パーツを貼り付けます。

位置決めをしてから、肩側から順番に一個づつ慎重に押さえて貼りますが、幅広のピンセットで優しく押さえましょう。

QUBELEYIMG_5726.jpg

肩部品に差し込む角柱は開口部を上にするとピンセットで押さえやすく、形も崩れにくいと思います。

QUBELEYIMG_5725.jpg

貼りつけた後はこんな感じ。

QUBELEYIMG_5723.jpg

最後に金色の部品は良い感じと思う場所に貼り付ければOK・・・かな?

QUBELEYIMG_5728.jpg

あとチョットで出来上がりますが、それは次回にww

キュベレイ | trackback(0) | comment(2) |


2013/04/24 (Wed) ★のさんのAMX-004 キュベレイ バインダーその1

(´ε`;)ウーン…なんだか自分の役目もいろいろと終わってるみたいです。

どうしたらいいもんかいな??

まあ、悩んでも仕方ないので成り行きに任せましょう。

足掻いても仕方ないでしょうし・・・


キュベレイの記事はようやくバインダーまで来れました。

あと少しお付き合い下さい。(って誰に言ってんだか…)

今日はバインダー内部の部品になります。

内部の魚の骨(汗)のような部品からですが、先ずは横に広い部品のみ組み立てておきます。

縦長の部品はまだ貼り付けずに並べるだけにしておきます。

QUBELEYIMG_5685.jpg

先ず縦長の部品に幅広の部品を貼りましょう。

QUBELEYIMG_5686.jpg

この状態で裏返すとこんな感じになっているはずです。

QUBELEYIMG_5687.jpg

その後縦長の部品の糊代を貼り付けます。

QUBELEYIMG_5688.jpg

この順番だと縦・横の部品ともキチンと押さえることが出来るはずです。

表にかえします。

QUBELEYIMG_5689.jpg

次にこの上に貼り付ける装飾部??の部品になります。

各々の部品に曲げグセを付けてから組みます。

QUBELEYIMG_5690.jpg

グレーの部品を白い部品の中に入れて貼付け。

QUBELEYIMG_5691.jpg

そして基部のパーツに先っぽから順番に付けます。

QUBELEYIMG_5692.jpg

そして、先ほど組んだ骨みたいなフレームに貼り付けておきます。

QUBELEYIMG_5697.jpg

後一つパーツが残っていました。

グレーの部品を作っておいて、ゴールドのパーツと合わせますが、位置関係はこのくらいでいいのかな。

QUBELEYIMG_5693.jpg

その後は帯の反対側を貼りつけた後、上部の位置決めをしてから貼付け。

QUBELEYIMG_5694.jpg

最後に下部を合わせて斜め部分のところで貼付けます。

QUBELEYIMG_5695.jpg

これを4個作れば、バインダー内部部品は完成になります。


キュベレイ | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

クシャ

Author:クシャ
ちょっとオッサン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。