クシャの能天記

思ったことや、やりたいことを気ままに綴っています


--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/10 (Mon) 十日恵比寿

今日は1月10日、タイトルの通り十日恵比寿の日です。

有名処といえば、今宮戎・西宮えびす・京都ゑびすですね。

ちょっと調べてみて知りましたが、関東には無い行事とのことでちょっとびっくりしちゃいました。

全国一緒じゃなかったんですね…

また、西宮えびす神社は全国3500あるえびす神社の総社だそうです。

大阪の今宮戎神社がTV放映などされ有名ですが、本家はこちら。

今宮戎は昔は今西宮戎神社と呼ばれていたとのことで、(今=新しい)西宮戎神社ということで後に作られて、それが短縮され今宮戎になったそうです。

十日恵比寿と書いてますが、「えびす講」が正式で、Wikipediaで調べてみると、

神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、戎、胡、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須)ないしかまど神を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、あるいは商売繁盛を祈願する。地方や社寺によっては、旧暦の10月20日であったり、秋と春(1月20日)の2回開催したり、十日えびすとして1月10日や1月15日とその前後などに行うこともある。えびす祭やえべっさんとも言われる。えびすを主祭神とするえびす神社のみならず、摂末社として祀っている社寺でもおこなわれる。

講のひとつであり、漁師や商人が集団で祭祀をおこなう信仰結社的な意味合いもあるが、えびす講は各家庭内での祭祀の意味も持つ。東日本では家庭内祭祀の意味合いが強く、また東日本では商業漁業の神としてのみならず、農業神として崇める傾向が西日本よりも顕著である。地域によっては1月のえびす講を商人えびす、10月のを百姓えびすと呼ぶこともある。

商業従事者や商業者団体がえびす講に合わせて安売りをおこなうこともあり、近年にはこの安売りイベント・商業祭というイベントとしてえびす講をおこなう地域もある。

えびす講の日には市が立ち、魚や根菜など青物が売られる。兵庫県西宮市の西宮神社では、えびす講に際して招福マグロが奉納されるのが恒例となっている。またたくさんの縁起物を飾った福笹あるいは熊手が販売される。この縁起物は神社から授与されるもので「吉兆」とも呼ばれる。

とのことです。

勉強になりました。

私はといえば、人混みに行くのは大変なので、地元にいきました。

今年の祈願をし、熊手をひとつ買ってきました。

IMG_1254.jpg

そうそう、次回作ですが、作成途中であった、しろくまさんのスコープドックを仕上げることにしました。

じゃあまた次回に紹介です。

関連記事
スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<しろくまさんのスコープドッグ | TOP | サザビー 完成です>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://nz666kshatriya.blog84.fc2.com/tb.php/56-138dd508

| TOP |

プロフィール

クシャ

Author:クシャ
ちょっとオッサン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。